簡素な葬儀

費用の節約方法

葬式

昔と今とでは、葬儀に対する人々の考え方が大きく変わっています。昔は、お金をたくさんかけて立派な葬儀を営むことによって、亡くなった人が高い場所にまで昇っていけるようになると考える風潮がありました。それが世間一般の常識のようになっていましたので、葬儀費用の節約を考えることは恥だとされていました。しかし、時代の移り変わりと共に人々の考え方も変わりました。今では、かけたお金の額によって亡くなった人の永遠の眠りの質が左右されるのはおかしいと考える人が多くなりました。その結果、なるべく余計な費用をかけずに葬儀を営みたいと希望する人が増えました。安い費用で済ませられる葬儀には様々な種類のものがありますが、中でも一番費用がかからないのは、火葬だけで済ませる葬儀です。火葬式もしくは直葬式という名前で呼ばれることが多いですが、この形式で葬儀を営めば、必要最小限の出費に抑えることができます。

直葬式の注意点

たとえ火葬のみという簡素な形式の葬儀を営んだとしても、そこに故人の死を悼む気持ちが伴ってさえいれば、供養に欠けるところはありません。最近では、亡くなった人自身が、なるべく費用をかけない葬儀を営んで欲しいという意思を生前に示すことが増えてきたため、火葬のみの葬儀が営まれるケースが決してレアケースではなくなりつつあります。ただし、あまり深く考えずにこの形式で葬儀を営んでしまうと、トラブルの種になってしまう可能性がありますので、注意が必要です。よくあるのが、火葬のみで済ませることに対し親戚の賛同が得られないというケースです。そのような状態でゴリ押し的に火葬式を敢行すると、その後の親戚付き合いに支障が生じてしまう可能性が高いです。亡くなった人は、残された家族が親戚と揉めてしまうことを望んでいなかったはずですから、状況に合わせて柔軟な選択を心がけることが大切です。